格闘技苦手女子がキックボクシングジムの一日体験に行ってみた

格闘技苦手女子がキックボクシングジムの一日体験に行ってみた

こんにちは!simaです。

格闘技が苦手だった私がキックボクシングを始めるきっかけとなった

一日体験についてご紹介します。

 

体験前は不安でいっぱい。

「実際にどんな人達が通っているんだろう」

「めっちゃ体育会系だったら無理・・」

「練習って何やるんだろう、運動不足の自分にもついていけるかな」

と、ドキドキしながらジムに向かいました。

 

格闘技に対しては、ぶっちゃけ全く興味なかった自分が

意外なほどにはまってしまった一日体験について書いていきます。

まずは見学に行きました

何をやっているのか全くイメージが湧かなかったのでまずは見学に行きました。

選手たちの迫力ある練習にちょっとビビる

選手

見学した時間帯は選手、社会人どちらも練習していました。

 

テレビの中で見たことのある、パンチやキックを実際にやってる・・

迫力のあるミットやサンドバッグの音、真剣な顔つきにちょっと圧倒されました。

 

なお、ジムによっては選手と一般会員の練習時間を分けていたり

ボクササイズや筋トレクラスなどメニューで分けていることもあるので

事前に見学や体験ができる時間を確認した方が良いかと思います。

けっこう30~40代のおじさんたちも多い

冷静になって見てみると、おじさん達も横で練習していました。

おじさん同士で練習しており、真剣に取り組みつつも

何やら和やかで楽しそうな雰囲気。

みんなスポーツとして真剣に取り組んでいた

心配していた怖そうな人やヤンチャそうな人もおらず

皆さん思ったより普通の方たちでした。

暴力的な怖いイメージもゼロではありませんでしたが

みなさんスポーツとしてキックボクシングを楽しんでいる様子でした。

その場で一日体験を申し込む

選手たちからは鬼気迫る体育会系の雰囲気を感じつつも

練習後は社会人の方たち含め、とても和やかな雰囲気でした。

 

スタッフの方たちも優しく、女性のクラスもあると聞き、

恐る恐るではありますが自分もチャレンジしてみたくなったので

その場で週末の一日体験をお願いしました。

一日体験 当日の流れ

当日はTシャツ・短パン・タオル・水を持っていざ出発。

着いたら女子更衣室を案内されて着替えました。

 

清潔さは可もなく不可もなく。

女性専用や大手のジムではないのでこんなものか、という感じでした。

ストレッチ・バイク

10分くらいかけて全身をストレッチ。

キックするのでお尻・太もも・アキレス腱は特にしっかりと。

 

その後はバイクを15分漕いで、ウォーミングアップ。

他に練習している人たちをチラ見しつつ身体を温めました。

ミットをやっている姿を横目に

どんな感じなんだろう、自分にもできるかな、とドキドキ・・

 

いよいよパンチ・キックのフォームを教えてもらう!

鏡の前に立ち、基礎中の基礎であるフォームを教えてもらいました。

初めての動きで楽しい。

 

今考えると恥ずかしいくらい、めちゃくちゃなフォームだったと思いますが

トレーナーさんが褒めてくれるので調子に乗って楽しんでいました。

 

ミットで目覚めてしまった!

トレーナーさんにミットを持ってもらうことに。

生まれて初めて?人に向かってパンチとキック。

 

え!!なにこれ、めっちゃ楽しい!!

爽快感がすごい!!

仕事のストレスをパンチに込めて一心不乱に繰り出しました笑

 

こちらもフォームなんてめちゃくちゃだったと思いますが

とにかくトレーナーさんが褒めてアゲてくれるから笑顔が止まらない。

 

私は運動音痴で、運動会のかけっこもほぼビリ。

学生の頃は運動系の部活をやっていましたが

運動のセンスはなく、ベンチを温める係でした。

 

なので、すぐに技術を習得できるようなセンスはありませんが

時々、ミットの芯に当たった時の音が気持ちいい。

そして、全身を使って運動する達成感がすごい。

 

もっとやってみたい!という気持ちのままに

あっという間に一日体験が終了。

この日を境にキックボクシングにハマってしまいました。

 

まとめ:少しでも興味を持ったら一日体験に行ってみよう

楽しいイメージ

体験に行くまでは不安でいっぱいでした。

しかし、一日体験に行って良かったと心から思います。

 

楽しいと感じるかどうかは人それぞれだと思いますが

自分の知らない世界を知るってワクワクしますよね。

 

ジムを行くことになったきっかけや

始めに準備するべき持ち物などまた紹介します。

 

準備・持ち物カテゴリの最新記事